「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

異業種交流会

先日逗子葉山青年会議所と京急グループとの「異業種意見交換会」が開催され、その講師の指名を受けました。
この企画は京急電鉄がグループの関連会社の若手の社員に地域との交流を深めながら、
将来の仕事にも結びつく事業を発掘する為にと行ったものでした。
最初に横須賀市、次に三浦市、そして逗子・葉山と開催されたのです。
この会の最後には逗子市長・葉山町長も参加されての賑やかなものでした。
 
その基調講演で、商工会・観光協会の会長の立場で現状を説明しました。
 
講演_20160225
 
現在までの人口推移や将来の人口予測を入れながら、いかに町が活性化していかなければならないか等を話しました。
活性化のひとつには観光協会の海のイベントも挙げました。
去年はスプラッシュやナイトウェーブなど、独創的なイベントをしたこともあり、皆さんに興味を持ってもらいました。
 
ナイトウェーブ_20160225
 
参加者は京急のあらゆる企業から出られていました。
本社のグループ戦略室が企画元で、京急百貨店、京急ストア、
ショッピングセンターやアドエンタープライズ、ファインテックなど
総勢40名強、青年会議所やその他団体の人もおられ80名を越える人数でした。
 
全体_20160225
 
その後にグループごとに地域魅力を発揮しながら、町おこしにつながる方法を意見交換するのでした。
 
グループ討議_20160225
 
そのあと各テーブルから発表です。
限られた時間ではありましたが、もう会場はわんわんするくらいの意見交換で大変に活発でした。
 
発表_20160225
 
本当に限られた中ではありましたが、これからの更なる深堀に期待したいと思いました。
神奈川の黒岩知事は「三浦半島魅力最大化プロジェクト」を謳いあげており、
まさに京急が軸となって活性化を図るのが一番だと思います。
僕の持論は、町の活性化は地元の資産価値を上げることになると訴えています。
シャッター通りだったり、町歩く人が下を向いて歩くようでは、他市から人は移り住んだりしません。
魅力ある町にしていくことが何よりも大事なのです。
これからも商工会・観光協会として頑張っていくし、ひいては自分の仕事にも結びついてくると信じています。

過去の日記

PAGE TO TOP