「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

鶴岡八幡宮 流鏑馬神事

鎌倉は春にも流鏑馬が行われます。
昭和34年に「鎌倉まつり」が始まり、今年で第58回目を数えます。
その鎌倉まつりの最終日に鶴岡八幡宮で流鏑馬が行われるのです。
 
1正門_20160420
2新壇かずら_20160420
 
この参道は今年改修が終わり、おまつりのこけら落としになりました。
 
その流鏑馬に逗子でもお世話になっている大日本弓馬会からご招待を頂き、参加させてもらいました。
八幡宮はさすがに神事として行われるので、まずはお祓いから始まります。
若宮での神事には市長・観光協会長も参列され厳かに執り行われます。
 
3井出、市長_20160420
4若宮式典_20160420
 
その後天長地久の儀を正面参道で行われます。
 
5天長地久の儀_20160420
6地久_20160420
 
その後10人の射手により流鏑馬の開始です。
 
7射手有本_20160420
8射手_20160420
 
射る的は3種類。
式の的 板小的 土器三寸の的 とあります。
 
11的_20160420
 
式と板は10人全員が射りますが、競射といわれる土器の的は命中率上位のものだけになります。
 
本日の最高の射手は二番目の鈴木射手でした。
 
9二番手鈴木氏_20160420
 
的は一回疾走するときに一の的、二の的、三の的と三回射るのですが、彼はそれぞれを計9回全て的中でした。
ちょっと見ることのない完璧な流鏑馬でした。
 
いつも逗子の流鏑馬会議にも鈴木さんと有本さんが出席されるので、ことさら応援しました。
有本さんもその次の高位の確立で射っておりました。
 
10有本氏_20160420
 
逗子海岸の流鏑馬もいいものですが、八幡宮の流鏑馬もまた趣きのあるものでした。
ただ最初は雨にも降られ、その後は20mを越す強風の中で、良くぞ本番の時には晴れ間も見えたものでした。
さあ今年の逗子海岸の流鏑馬も立派に行えるよう、いまから準備を重ねます。
乞うご期待です!!

過去の日記

PAGE TO TOP