「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

逗子市商工会 総代会

第55回の逗子市商工会の総代会が開催されました。
去年のこの日から、ちょうど1年となりました。
総代数150名のうち、半数の出席と委任状により総会成立です。
開会の挨拶を山上副会長
 
山上_20160526
 
会長挨拶と思うくらいの詳細な挨拶でした。
 
さてこの一年と今年の抱負を述べながら、会長として挨拶を致しました。
 
会長_20160526
 
この一年本当に忙しかったと述べました。
各イベントのほかに、逗子市のごみ処理有料化に伴うごみ袋販売を逗子市より受託し、
キエーロの普及と併せての事業が定着をし始めました。
でもごみの半年の検証では、驚くほど削減が実現しているのです。
 
更に今年は「ふるさと納税」が9月からスタートします。
ふるさと納税は全国で今や過熱気味で、これに乗り遅れることは税収の減に直結します。
逗子も遅ればせながら開始するにあたり、各商店を活性化させられる最大のチャンスと見て商工会は取り組みます。
また忙しい一年の始まりです。
 
議事進行は総務委員長が務めてくれました。
 
議長_20160526
 
思いがけず議事に反対意見も出て、議長は調整に苦労されましたが、最後は採決で決定しましたが、
通常しゃんしゃん総会が多い中で、こうした意見が出ることはいいことだと思います。
 
ご来賓からご挨拶ですが、市長も出席されご挨拶を頂きました。
 
市長_20160526
 
リップサービスもありましょうが、確かにごみの問題やらを商工会と連携して行っているし、いい関係が続いています。
自分たちの町を元気にし、住みやすい町を作るのは行政に頼るだけではダメなのです。
市民、行政、商工業が連携を組むことが大事と思います。
 
これからも「住んでみたい町 逗子」から「住んでよかった町 逗子」になるよう、逗子は今や高齢化率30%に突入したのですが、
若い人も増えるような元気のある町にしていきたいと思います。
仕事にもボランティアにも頑張って参ります。

過去の日記

PAGE TO TOP