「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

イベント目白押し

ちょっと気を抜くとブログは空いてしまいます。
いくつかをまとめて報告いたします。
 
6月24日
逗子海岸は関東で一番早い海開き。
この日は小学校や幼稚園児も参加してくれての海開きが行われました。
1海開き_20160704
IMG_4149
2海開き_20160704
 
浜に座って何やってんの?とお思いでしょう。
これは上空にドローンが飛んでいて、それに向かって手を振っているところでした。
人文字は「スマイル ズシ」それに口を形取ったものでした。
 
そのあと子供たちは海にまっしぐら!!
夏の始まりです!!
 
僕らは海の開会式のすぐ後に「逗子ビーチスプラッシュウォーターパーク」の開会式を始めます。
3開会_20160704
4スプラッシュ_20160704
この日は一般無料開放で、天候は曇りではありましたが、大勢の方に参加を頂きました。
こうやって長い長い夏が始まりました。
 
6月26日
この日は「逗子の暮らし セレクション」という逗子のいち押しの商品を発掘しようという審査会でした。
これはこの9月から逗子市が「ふるさと納税」を始めるにあたり、
逗子市商工会が市内の商店や市民に逗子から発信する土産を作り出そうではないかと準備を進めてきました。
5セレクション本人_20160704
そこで審査員や出品者を含めて30人ほどの方々が集まって頂きました。
 
出展者は24社、品目数は42点と、所狭しと並んでいました。
6シラス_20160704
7ラスク_20160704
逗子にもこんなにたくさん商品があったのかと思えるほどでした。
 
審査員は20名が参加し、味を確かめたり、香りを確かめたりと皆な真剣に採点表に記入しておりまいた。
8全体_20160704
 
本来は審査委員長にビーチFM社長の木村太郎さんにお願いしているのですが、
当日は都合がつかず欠席でした。
もう一人の副委員長の鈴木英人さんは、特別賞も選んでもらいました。
9英人氏_20160704
彼は逗子に居を構え、アートの世界では非常に名の通った方で、
今回の審査とは別にふるさと納税の返礼品に「鈴木英人 オリジナルカレンダー」を
出して頂くことになりました。
 
観光協会の会長と、商工会の会長の掛け持ちでは、なんと忙しいのだろうと自分でも思います。
しょうがない、やれるだけやるしかないと腹をくくっているところです。
まずは逗子の魅力を最大に引き出して情報発信し、多くの人々が大勢集まってくると、
商店街も元気になり、暮らす人たちもまた周りの人をも呼び込むことになるのではと考えています。
 
いずれにしてもいろんなことがあり、暑い長い夏はすでに始まっています!!
乗り切っていくぞ~~~

過去の日記

PAGE TO TOP