「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

商工会 四国視察

今年逗子市商工会では「逗子発プロジェクト委員会」を立ち上げ、逗子特産品を開発しようと動き出しています。
その勉強の一環で先進事例となる高知と松山に視察に行ってきました。
すごいヒントをいただいた視察でした。
長くなりますが、詳しくはこれから。
ぜひ最後までお付き合いください。
 
高知では34年前に「高知特産品販売(株)」を立ち上げた会社に訪問し、社長から経緯を詳しくお聞きしました。
 
1高知特産品_20160908
2門田社長_20160908
 
当時特産品の会社を立ち上げたのは、門田社長はもうひとつ農業の会社があり、
農家に営業に行くと、農産品の売り先を作ってくれと言われ、
土佐の食を全国に発信し、高知県の発展の一助を担うこと」を使命に、15人が発起人になり設立されました。
高知は全国一の生産量を誇るのは、ゆず・みょうが・ショウガ・ぶんたんなどがあり、
農家の支援に粉骨砕身頑張ってられるのでした。
馬路村などは高地にある村ですが合併もせず、920人の村でゆずの売り上げが33億円ももなる豊かな村になっています。
長い時間をかけて地道な地域おこしをやって現在に至る経営に頭の下がる思いでした。
地方では大消費地に向けて販路拡大するしかないのですね。
ついつい自分たちの町では、何とかなっていると思ってしまうのですね。
想い、大儀」の大切さを改めて実感しました。
 
会社訪問の前に昼食では「ひろめ市場」に寄り、各自昼食でした。
 
3ひろめ市場_20160908
4ひろめ2_20160908
 
お昼から居酒屋の雰囲気で、みなお酒をやりながら食事です。
僕らも飲みたいのは山々でしたが、研修前に一杯は禁物です。
我慢!!我慢!!
もちろん夜は意見交換を含めて十分に楽しみました。
 
翌日は150km離れた松山に向かいます。
次の訪問先は「(株)パーソナルアシスタント青空」という障がい者支援のところでした。
事前にHPを見てみても、何で商品開発に障がい者支援なのかと不思議で理解できませんでした。
行ってみて納得でした。
こちらの代表は自身の三つ子のお子さんの誕生の時に障害が起こり、
以来介護の仕事や障がい者の支援から会社になっていったようです。
 
5松山ショップ_20160908
6松山_20160908
 
お話を聞いていて感心しました。
今や11haの農地で農業をやっているのですが、
そこは「農薬・化学肥料・除草剤を使わない自然栽培でのお米・野菜づくり」を実践しています。
その農業に20人の障がい者が従事しています。
そこで採れた野菜やお米でお弁当を販売したり、梅で梅干しやそうめんや米粉に加工したりと幅を広げています。
時間がなく近くの田んぼを一か所だけ見学しました。
 
9有機の米_20160908
 
隣は刈り取りまじかですが、こちらはまだ穂もついていません。
刈取りは10月後半だそうですが、なにせ一本の苗がこんなに太くなるのだそうです。
 
8稲_20160908
 
水は湧き水で、農薬がないためここの田んぼには虫や魚が泳ぎ始めるようです。
隣のお米は1万円が、有機のお米は3.5万円(単位は忘れた)になるそうです。
隣の農家の方に有機を勧めても、これまでの自分のやり方を変えようとはせず、広がりは難しいようです。
 
養鶏もやっていて、それももちろん有機。
卵は米粉を主にしていると黄身も白っぽく、白身は2段に盛り上がっています。
これが新鮮な玉子だそうです。
 
7有機の卵_20160908
 
今回大変に勉強になった点がありました。
障がい者支援は大事なテーマだし、活かし方のヒントを得た思いです。
障がい者は単純な作業をコツコツやるのは得意の子もいるようです。
農業でも実際に大きな成果をだしているとのこと。
このように「農福連携」という福祉と農業をつなぐことは今全国で広がってきているようです。
ここでは農業の収入が3千万、レストランの店長20歳の子の給料が9万円だそうで、
全国の平均収入が1.5万だそうですから破格です。
将来とも自活できるように仕組みを作ることが大事だと社長の説明、納得です。
 
逗子は残念ながら農地はありません。
その代わり漁業があります。
この漁業に障がい者の力を借りることを考えました。
例えばひじきを採る。
それを干したり、ごみを取り除いたりするのは彼らの力を借りたらどうだろうか?
すごいヒントを頂いて、これから実践に移すべく検討を開始します。
 
何より自分の目で確認することは本当に大事ですね。
昔僕は友達から「飛脚のキリガヤ」と言われていたことを思い出します。
最近はとんと出張は減ってしまいましたが、やはり自分の足で情報を得ることの必要性を実感しました。

過去の日記

PAGE TO TOP