「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

134号線 不通 崖崩落

最近の長雨で逗子でも崖が崩落し、海岸線の134号線が通行止め。
逗子市内は迂回車両で大変な渋滞になっています。
 
1標識
 
海岸線は通る車もなく、ご覧のような貸切状態。
2道路
 
葉山から逗子駅に来る人が、通常は20分くらいのところを90分もかかっていたようです。
通過車両が市内を走るので、それはそれは大変なことです。
 
現場に行ってきました。
3トンネル封鎖
 
4崩落
 
5崩落拡大
 
この道は鎌倉の材木座から逗子のマリーナに至るトンネルの手前で鎌倉側。
23日夜分に小石が落ち始め、関係者は待機中だったようです。
23時過ぎ地鳴りとともに崩れ始めたようです。
この崩落と134号のトンネルとは同じ地質の連続なので、134号に直接の崩落はないのですが、
安全のため通行止めとなったようです。
 
僕が現地に行ったのは24日8:30
県の判断が出るまでは何もできないという状態でした。
一刻も早く道路が開通し、崩落の場所も復旧になることを祈ります。
ニュースでは豪雨災害をよく目に、耳にしますが、身近なところにも災害は起こると実感しました。
実は会社の裏も、そびえたつような崖になっていて、ちょっと他人ごとではありません。
気をつけようはありませんが、皆さんも気を付けていきましょう。

過去の日記

PAGE TO TOP