「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

研修レポート1 名古屋城

神奈川県連商工会の会長研修会で岐阜に行ってきました。
研修の目的は、岐阜県商工会の人事交流についての内容でした。
岐阜県は平成の大合併で市町村の統合があり、82商工会が42商工会になりました。
合併に伴い職員の統廃合に相当苦労されたようです。
そうした人事交流を神奈川でも行う必要があると、各会長の考えはまとまりました。
 
その翌日は名古屋城とトヨタ博物館の見学がありました。
雨にもなりそうなので、まずは名古屋城に行きました。
 
1名古屋城_20161107
 
今本丸御殿の復元工事がされていて、6年前に第一期工事の書院や玄関の建築のところを見学に行きました。
今回は第一期の完成を見学し、幸いに第二期の工事現場の見学会にも巡り合いました。
見学会は年2回実施されているようで、偶然にもその日に当たったのです。
行いがいいせいでしょうか?
 
2現場見学会_20161107
3修復様子_20161107
 
大屋根の下で工事は進んでいました。
 
そのあとに第一期の見学をしました。
 
4玄関正面_20161107
 
中には説明の方がいて、いろんな話しが聞けました。
6年前の見学の時に柱を見せてもらい、一番高い値段の柱はどれで、いくらですかと質問しました。
それが玄関正面の柱なのだそうです。
 
5玄関柱_20161107
 
この柱が高級ベンツ1台分と言われ、2千万するそうな。
 
廊下も幅の広い無地のヒノキ材で、これも高そうですねと聞いたら、一枚がプリウス1台で300万程と言われました。
 
6廊下_20161107
 
中のそれぞれの部屋はたいそう豪華な部屋でした。
 
7表書院_20161107
 
また説明を聞いていると石垣にも曰くがあるのですね。
 
8石垣_20161107
 
城を築くのに大勢の藩からの応援があります。
それぞれに印があり、この石垣は〇〇のものが築いたとわかるようになっているそうです。
 
9石の印_20161107
 
でも当時は重機もなかった時代に、どうしてこのような建築ができるのか本当に先人はすごいなと思い知らされます。
現在2期工事、3期工事が行われていて、総工費150億円をかけて2017年末来年の末にはすべてが完成する計画だそうです。
ぜひ機会あったら工事中も興味あるし、また完成後もぜひ一見の価値ありだと思います。

過去の日記

PAGE TO TOP