「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

逗子活性化のために

最近は商工会と観光協会が一緒に活動する機会が多くなりました。
逗子はどちらの会長も同じなので、垣根がないのもいい方向に作用しているのかもしれません。
しかしこれは珍しい人事で、ほとんどは別々になっているのが一般的です。
 
3月に海のイベント「NIGHT WAVE ~光の波プロジェクト~ in ZUSHI」があります。
これとコラボして逗子で今名産にしようとトライしている食材の「あかもく」をPRする企画にしました。
 
20170225112755-0001 20170225112806-0001
 
波に光を当てるナイトウェーブは逗子ではこれで4回目になります。
光を当てるのも最初は物珍しく楽しいのですが、これだけでは飽きられます。
今回はウィンドサーフィンの演技やSUPボードで灯りを照らすなど、様々な企画を準備しています。
その他に逗子の海の小坪で取れる「あかもく」を使ったメニューを飲食店の方々にメニュー開発をお願いしました。
そのお披露目の記者発表会をしたのです。
 
挨拶_20170225
 
そもそも「あかもく」はご存じないと思います。
昔は厄介もので、船のスクリューに絡んだりと、漁師からは嫌われていました。
 
あかもく_20170225
 
長さ5mくらいにもなり、海中でゆらゆらしている訳ですから、船は生えてるところには近づかなかったのです。
 
ところが最近大学の先生の研究から、この成分が大変な健康食品だと分かり注目され始めました。
今は小坪漁業組合では一部の漁師の人たちの協力のもと、商品化を目指しているのです。
そこで飲食店に協力要請し、メニュー開発となったのです。
 
メニュー_20170225
 
ふつう海藻は熱を加えると変色したり、食感が変わるのですが、
「あかもく」は熱を加えてもしゃきしゃき感はなくなりません。
それにワカメのめかぶ以上にねばねば感が強いのです。
3月いっぱい14軒の飲食店で提供してもらえます。
 
20170225112818-0001
 
発表会の最後は参加してくれたお店の方々で、頑張るぞコールで気合を入れました。
 
決起_20170225
 
皆さんの協力をもらい、町が活気づくことになれば何よりです。
逗子に住まう人も、他所から来られる方も、「ちょっと雰囲気いいね!」と言われたらうれしいですね。

過去の日記

PAGE TO TOP