「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

第60回 逗子海岸花火大会

今年は還暦になる60回の花火大会でした。
主催者の裏話をお伝えします。
去年は強風の中での強行突破。
打上げの燃えかすの飛散が大問題に。
今年は雨。
開催の判定会議は市役所で8時。
葉山港で積み込みの作業は5時から始まっており、6時に現地での確認。
 
1台船1_20170529
2台船2_20170529
3積込み_20170529
 
しかし本当にひどい雨!!
しびれましたね。
でも予報は15時には曇りになる。
開催を決定し、関係部署に通知。
いきなり市役所に電話殺到。
中には「なんでこんな天気で開催するのか」と抗議の電話も。
予報にかける。
 
次にJcomで収録番組に出演
 
4Jcom_20170529
 
開催の決定と強風の場合はプログラムの変更もありとお伝えし、ごみの削減にも協力をとお願いする。
 
16時には台船に県の担当と警察の確認作業あり。
会長として同行する。
 
5'検査1_20170529
 
火薬の量などを申請書どうりかチェックをします。
 
台船の上はびっしりと花火が並んでいます。
 
5検査2_20170529
7検査4_20170529
 
現在の花火の打ち上げはコンピューターで管理されています。
全ての火薬が導火線で繋がれているのです。
16時の段階では結線作業も行われていました。
 
6検査3_20170529
 
18時からスポンサーのコロワイドさんや、警察・消防などに市長と一緒に挨拶回り。
午前中の悪天候にも関わらず開始前には相当な人出になってきました。
 
8開始前_20170529
 
直前には小雨もぱらつきだし、一昨年の僕のデビュー戦の時を思い出しました。
あの時も雨上がりの曇り空が、市長のカウントダウンの頃からひどくなり出し、雨の中での開催になったのでした。
まあ持ちこたえていよいよ開始。
 
9開始_20170529
 
なんと今回は昨年と真逆で「無風」
これにはまた参りました。
 
10花火_20170529
11煙_20170529
 
途中煙待ちを入れて、煙が流れるのを待つのですが、無風では喧嘩にならない。
ほとんど煙の中での花火でした。
自然相手は本当に難しい。
せっかくのコロワイドグランドフィナーレも今年は5分延長で、20分に協賛していただいたのに残念でした。
 
翌日は海岸のクリーン作戦です。
 
12クリーン_20170529
 
打って変わり快晴の土曜日です。
 
13親子_20170529
 
こんなかわいい親子で参加してくれています。
クリーン作戦は花火の終わった夜にも有志が集まりやってくれてて、また翌日は5時からやってくれる人たちもいるのです。
朝9時の頃には本当にきれいな海岸に戻っています。
花火での放置された空き缶はこんな量になっています。
 
14ごみ_20170529
 
逗子の自慢は、他の海岸より格段にクリーン作戦に参加される人数が多いのだそうです。
それはやはり地元愛なんでしょうか。
有難いことで、本当に感謝致します。
 
去年は強風で悩まされ、今年は朝の雨と無風で影響受け、自然相手のイベントは難しいものです。
もし今回も翌日開催にしたら、今回は強風で開催はできなかったでしょう。
すでにクリーン作戦の時には白波が立っていました。
準備を考えても、私が会長でいる間は予備日はなしで、当日決行でいくつもりです。
警備や準備に500人近い人が携わり、事前に動いています。
よほどの悪天候でない限り、予定日開催することにしています。
さあ来年はいいコンディションでお見せしたいですね。

過去の日記

PAGE TO TOP