「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

逗子海岸 海開き

関東で一番早い海開きが6/30行われました。
あいにくの梅雨空で、安全祈願の神事の頃はまだ雨も降ってなかったのですが、
その後市長の挨拶からの式典では雨もポツポツと。
 
市長_20170703
 
政治家の方々のあとで、観光協会会長の挨拶です。
 
自分_20170703
 
ここ2年はスプラッシュウォーターという海に浮かぶアスレチックが大人気でした。
残念ながらオーストラリアの設置側と条件が整わず、今年の開催を見送りました。
私の挨拶も、そのお詫びからの挨拶です。
来年以降は改めて準備をしていきますが、なにぶん今年はスプラッシュなしで海を盛り上げなくてはなりません。
 
挨拶の後、市内の小学校や幼稚園の子供たちが参加しての人文字づくりです。
ちょうどこの辺から雨が結構な勢いで降ってきました。
 
子供座り_20170703
 
私たちもちょうど亀の頭の場所の人文字に座らされました。
傘もさせず、どんどんズボンが濡れてきます。
子供たちは海に入る格好なので大丈夫ですが、僕らは参りましたね。
 
ようやく号令が出て、子供たちは海にまっしぐら。
 
子供1_20170703
 
でもやはり寒かったので、子供たちにもちょっと大変でしたね。
 
海子供1_20170703
 
今年の逗子海岸は、イチジク浣腸のスポンサーで新たな取り組みを始めます。
その紹介を市長が話されました。
 
女子_20170703
 
「海も腸もキレイにし隊」という各大学の選ばれた女子大学生が「キャンパスラボ」という名で
ビーチクリーン活動をすることになりました。
市長も早速トイレクリーン作戦をやったようです。
スプラッシュはなくても、ファミリービーチとしてトイレもキレイ、
海も安全で楽しく遊べる海岸として、大いににぎわって欲しいと願っています。
皆さんもぜひ逗子海岸にお越しください。
お待ちしております。

過去の日記

PAGE TO TOP