「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

St.Paul’s 建材会

建築資材業界の中で同窓の集まりが5年前に発足しました。
今年6回目の集まりが母校でありました。
今年の立教は驚くかな六大学で18年ぶりに優勝し、全日本大学野球選手権では59年ぶりという優勝にも恵まれ、
遠い彼方の卒業のOBながら大変うれしく思いました。
野球部はこれというスーパースターはいないのですが、全員野球で勝ち上がっていったようです。
今年のスローガンは「戮力同心(りくりょくどうしん)」。
こんな難しいの誰が解るのかですが、意味は「力をひとつに 心をひとつに」だそうです。
際立つ選手がいなくても、そのスローガンのように一戦一戦強くなっていったようです。
 
学校への道も昔とは様子も変わっていますが、ポールには優勝おめでとうのペナントの飾り付けもあり、いい雰囲気です。
 
通り_20170712
 
建物は昔と変わらずです。
 
正面_20170712
 
中に進むと45年前と何ら変わらず、すぐにタイムスリップします。
 
学食正面_20170712
 
この建物は第一学食といって、よく使わせてもらいました。
当時かつ丼が70円だったのを覚えています。
 
業界の同窓で名簿にあるのは約100名ですが、今日は半数ちょっとの参加でした。
 
開会_20170712
 
大学の総長もご出席いただいての開宴です。
 
懇親会が始まり、みな情報交換も一息の頃、大学での集まりならではのイベントも企画されていました。
「立教学院諸聖徒礼拝堂ハンドベルクワイヤ」による演奏会です。
 
ハンドベル_20170712
 
これは「天使の歌声」と呼ばれるハンドベルでの演奏ですが、
ひとりで4~5個のベルを担当し音色を出していくものです。
素晴らしい演奏でした。
 
また応援団の演舞も予定されていて華やかでした。
今年の応援団員は最高に幸せだったでしょうね。
いつもは負けが込み、神宮でも勝った方から校歌斉唱だから、普段は後手になるのです。
18年ぶり、59年ぶりですから、サマージャンボと年末ジャンボの両方の宝くじに当たったようなものです。
 
チア_20170712
 
チアリーダーの演舞のあとに団長にるエールです。
 
団長1_20170712
団長2_20170712
 
参加者も球場での優勝の瞬間に立ち会ったかのようにして、快挙を楽しんできました。
 
こうした企画ができるのも、この業界でNO1になった建材の上場会社の会長が先輩で、
その会社の社員の中での同窓の方々がおそらく業務命令で裏方を支えてくれるからこそです。
もし小人数であれば、仕事の傍らでまとめていくというのは難しいのですが、この会長があればこそなのです。
感謝しつつ、次回の参加を楽しみにしております。

過去の日記

PAGE TO TOP