「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

逗子創業カフェ オープン

逗子市商工会が主催で、逗子市役所と一緒に創業支援の活動を展開しています。
これまでもセミナーを開催してきました。
 
1 セミナー_20170913
 
毎回大勢の方が、熱心に受講されていて、その熱意はすごいことと感心していました。
神奈川県から来られる講師の方も、逗子はなぜこんなに受講者が多いのですかと驚くくらいです。
聞くと、逗子・鎌倉・藤沢のセミナーは群を抜いて多いのだそうです。
何故かはわかりませんが、我が町に興味を持ってくれることは嬉しいことです。
 
昨年からすでに創業されている人たちに体験談などを語ってもらったりしました。
それをパンフにもして配布しています。
 
2 パンフ_20170913
 
みな子育てやそれまでの経験から、自立を目指した方がほとんどです。
試行錯誤で商売をやりながら、日々革新を重ねているのです。
その人たちに期間限定ではありますが、実際にお店で接客しながらアンケートを取り、更に販路拡大に拡げようというのが今回の企画です。
 
3 チラシ_20170913
 
逗子の一番の商店街の入り口に店舗をお借りし、そこに日替わりで出展してもらおうとしたのです。
そのオープニングにメディアの取材もあり、少しは情報の拡散もできたかと思います。
 
4 挨拶_20170913
 
出展者の挨拶は、どなたも商品が生まれた経緯や創業しようとした経緯を話し出すと止まらないのです。
本当に想い、エネルギーを感じました。
 
5 出展者_20170913
 
・子育てからおんぶ紐を作り、今やネットで全国に販売をしている人。
・はとこで飲食を始めて、軌道に乗っている人。
・元の海藻アカモクから化粧品のジェルを開発した人。
・椰子の繊維で作った手作りの帽子の人。
・主役を自分の子供にしたカスタム絵本を作る人。
・海に合うインテリアを集めて展示している人。
・こちらでデザインを起こし、チリでバックを製造して現地を元気づけている人 などなど
 
その後通りを歩く人たちも中に入ってこられ、実際にお買いになられるのを見ると、やはり目に触れることが大事だなとつくづく思います。
 
6 開始時_20170913
 
翌日の新聞にも大きく掲載されていました。
 
7 新聞_20170913
 
カフェ開催の期間は今月29日までですが、本来はどこか常設の場所があれば、さらに起業される人たちには大きな励みになることでしょう。
逗子にとっても新しく頑張ろうとするエネルギーは絶対に町を元気にしていってくれると信じています。
商工会としても、継続して支援を続けて参ります。

過去の日記

PAGE TO TOP