「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

第41回逗子市民祭り

10月15日 今年の市民祭りは雨にたたられたお祭りになりました。
ここしばらく梅雨のような長雨で、3~4日も雨続きです。
前日の開催の決定の時にも考えはしましたが、翌週の予備日は衆議院選挙と重なり、市側も身動きが取れない状態。
もうやるしかないと判断しました。
 
当日は明け方から雨が降り、会場はとてもお祭り気分にはならない状態です。
 
開始前_20171017
足跡_20171017
 
イベントの専門業者はこの状態は何だと言い寄ってきます。
しかしこのまま開催すると毅然と告げると、彼らも従ってくれました。
 
始まる前に本部に言ってきた方が、「こういう時は防災無線は使えないのか?」と言われ、
今年は事前に依頼をしていないから無理かもと答えました。
でも市の部長に会ったのでお願いしたら、すぐに動いてくれて9時半には市内全域に防災無線で開催の告知ができました。
今は放送とメールでの配信が同時なので、かなりの方に告知になったのです。
思いがけないほど、市内から来場者が増えてきました。
 
場内_20171017
 
うまく写真が撮れていなかったですが、これ以上の来場者の賑わいにホッとしました。
 
神輿の連合会も祭りに華を添えてくれましたが、何せ足元はずぶずぶなので、コース変更です。
 
神輿_20171017
神輿子供_20171017
水たまり_20171017
 
こんな状態でも皆さん心意気で盛り上げてもらいました。
市民祭りならではの子供たちも神輿にのり囃子をやりました。
この子たちは大きくなっても「神輿大好き」になっていくでしょうね。
 
逗子市は財政難で、来年の補助金はカット。
このままでは開催はできませんが、何とか知恵を絞り、みんなのアイデアで開催にこぎつけたいと思います。
どう手作りの市民祭りにするのか、来年は我々の知恵を試されているのだと思います。
頑張っていきましょう!!

過去の日記

PAGE TO TOP