「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

もう4月 新年度

今年は例年より早くに桜の満開が訪れました。
例年は入学式の頃がちょうど満開で、初々しさと桜吹雪が定番でした。
冬は寒く、春は一気にというのが今年の特徴ですね。
 
さあ逗子市役所も平成30年度の新年度に突入しました。
実は昨年から市の財政悪化に伴い、あらゆるイベント系の予算のカットが今年度から施行されるのです。
商工会と観光協会の予算もバッサリと切り捨てられました。
 
観光協会の一番の目玉はコロワイド協賛による逗子海岸花火大会ですが、これも1,800万の予算は全てカット。
 
花火
 
花火が中止になるのでは逗子の元気はなくなってしまうと思い、みんなの知恵を結集して実施できる方法を考えようと動き出しています。
 
ポスター
 
収入を得る方法として、
 
(1) 有料席の設置
(2)リストバンドによる支援活動
(3) 個人・企業問わず協賛金の募集
(4) クラウドファンディング等による募金
 
町ぐるみの体制
 
こうした方法で何とか実施できるように奮闘努力中です。
 
危機を伝えるのには新聞等に訴えるべきと、市長をはじめ商店街等のサポーターの面々でアピール。
 
毎日新聞
神奈川新聞
 
町のお店には募金箱も設置され始めていますし、スーパーのレジの近くにも募金箱が置かれています。
 
募金箱1
 
嬉しいかな、危機の情報が伝わり出したら、あちこちからご寄付・協力の申入れが届き始めました。
中には逗子出身で、今は市外にお住いの方が30万のメッセージ花火にご協力頂いたり、
観光協会の事務局にお金をお届けいただく方も現れたりしています。
今年の花火大会の名称は代わりました。
「みんなでつくる逗子海岸花火大会」となりました。
まさに、「みんなでつくる 花火大会」なのです。
さあこれから6月1日の実施に向け、募金活動の日々に突入します。
僕は例年花粉に悩まされていますが、花粉症も吹っ飛ばして頑張っていきましょう!!

過去の日記

PAGE TO TOP