「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

チャネル 退任

この4月 創業20年の区切りで「チャネルオリジナル株式会社」の会長を退任しました。
 
49歳の時、防火木材と巡り合い、日本の街並みを変えると新たな事業に立ち上がりました。
その後日本初という商品の開発ができ、3人でスタートしたのでした。
その後60歳で社長を創業時からの副社長に譲り、創業から20年の69歳で退任と決めていました。
人生は可能性に富んでいるというのが実感です。
よもや我が人生でこんなことができるとは思ってもいませんでしたが、常に前向きに一所懸命にやっていたのは事実です。
また周りにそれを支えようと頑張ってくれる仲間がこれだけいたのです。
チャンスという動物は前髪3本、疾風のごとくに駆け抜けると言われます。
準備していたものにのみ、チャンスは捉えられるというのです。
木の外壁を建築基準法に則り、使える時代が来れば日本の住宅の外観は変わるはずと思い続けていました。
今少しそのように変わってきたことは望外の喜びです。
 
退任の発表はチャネルの年度の経営計画の発表会の日に行いました。
 
1開始前_20180502
 
本社横浜、営業所は仙台、名古屋、大阪、福岡それと製造のためにバンクーバー事務所と各地にあり、
みなには中々会えないので久しぶりとの挨拶だらけです。
 
今期の方針発表は社長が務め、次に各営業ブロックからの方針発表があり、営業支援のCSチームの発表もあります。
 
2 開始_20180502
3 発表会1_20180502
4 CS_20180502
 
中では営業の成績TOP5がひな壇に並ぶ企画もあります。
 
5 TOP5_20180502
 
トップは2年連続の断トツの成績を出しました。
他の営業も相当に刺激を受けたことでしょう。
 
最後に私の番が来ました。
 
6 じぶん2_20180502
 
社長と副社長の2人に女子事務の3人で始めた会社も今や65名の会社になり、特に入社2~3年の社員もかなりの数になっているので、
最後の挨拶は改めて創業のきっかけから話しをしました。
昔はなんでこの会社が生まれたのかは知っている仲間ばかりでしたが、今はこの商品の誕生のルーツは知らない人も多いのです。
何より彼との出会いが無ければこの商品も会社もこの世に存在しませんでした。
 
7 ジェフ_20180502
 
彼が持ってきたサンプルから、アメリカの化学の会社を訪問し、
その後一度は断念した開発を、キリガヤの住宅を始めるために情報収集していた時に、
街並みを変えるには何が何でも不燃木材をやると決めた、そこが出発点でした。
 
8 自分1_20180502
 
明るく話しをして退任と思っていましたが、
いざとなると20年以上前のことから走馬灯のように思い起こし、万感胸に迫るものがありました。
しかし人生はみな一度しかなく、僕はありがたいかな素晴らしい人生を送らせてもらいましたが、
できるものならば全員にそうした人生を体験して欲しいと思います。
 
花束をいただき、全員での記念撮影をして会は終了し、次は懇親会へと移ります。
 
9 花束_20180502
10 集合写真_20180502
 
よくぞこれだけの人が集まり、思いを一つにして頑張ってきてくれたと涙が出る思いでした。
 
懇親会では最後の挨拶も兼ね、できるだけ多くの仲間と杯を重ねました。
 
11 一発締め_20180502
 
時間には限りがあり、お開きの一発でした。
その後もあちこちとお呼ばれし、ありがたいかな完璧な二日酔いになりました。
でもウコンのおかげかな?何とか翌日も苦しいながら復活できました。
 
吉田松陰のことば
夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし
故に夢なき者に成功なし
 
思うことは、高き夢と行動がなければ、何も変えることはできないということで、
我が人生も本当に素晴らしい人生を歩ませてもらったと感謝で一杯です。
これからも㈱キリガヤと㈱芙蓉住建と同様にトップを務めますが、これも順次引き継いでいく予定です。
何より健康で、これからももう少し頑張って参ります!

過去の日記

PAGE TO TOP