「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

第二モデル 見学会

昨年に建築をした息子の家を第二モデルとして見学会を開きました。
前にもブログで説明したように、キリガヤとして初めてのゼロエネ住宅です。
住み始めてますが、まだ外構が終わっていません。
しかし内部をお知らせできればと開催しました。
 
僕らが住んでいた家は解体されましたが、こんな家でした。
 
1 昔の家20180625
2 落書き20180625
 
この落書きは今は当主の次男が長男の悪口を書いていたのです。
 
今の建物はこうなりました。
 
3 外観20180625
 
まだ植栽にいかないので殺風景な景色です。
でも、それには理由があります。
こだわったのは前に使っていた佐島石を擁壁に再現することです。
 
4 石20180625
5 門20180625
 
セットバックしなくてはならずやむを得ず擁壁を壊しましたが、コンクリのむき出しの擁壁では味わいがないと積み替えをしています。
 
6 石積み20180625
7 ガビオン20180625
 
石が壊れていたりして数が足りません。
途中は今増えてきた「ガビオン」という石を針金の箱に詰める方法を使いました。
 
上端はこんな感じで自然ですね。
 
8 上端20180625
 
見学会の様子です。
 
9 案内20180625
 
内部はごっちゃごちゃになっていたのを片付け、見学会対応です。
 
10 食卓20180625
11 キッチン20180625
12 居間20180625
 
出来立てで生活感のない見学会が一般的ですが、これは生活感満載です。
 
13 デスク20180625
14 大地20180625
 
本当は娘たちの部屋も開放の予定が片付けできずに立ち入り禁止となってました。
唯一長男の部屋は開放です。
 
今回の開催に当たり、一家は片づけに追われ大変なようでした。
2日間は我が家の実家で一年ぶりの合宿に入りました。
でも久しぶりに孫の大地と一緒に寝て、寝不足にはなったけど楽しい2日間でした。
またこれからも時々開放して見学会を開きます。
その時はまた大地と一緒に寝られるかな?
 
もう少し外構が進み、植栽も植わり雰囲気が整った時に再掲載したいと思います。

過去の日記

PAGE TO TOP