「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

イベントいろいろ

自分のブログをみると、最近は相当に手抜きかなと思ってしまいます。
決してやることなくぼぉ~っとしているわけではなく、めちゃ忙しい状況なのですが、忙しすぎて書こうにも書けないうちに
また次のイベントが重なっている状態です。
言い訳は別として、最近は毎週のようにイベントで『生ごみ処理 キエー』のPRをやっています。
今回も全国一斉に環境ウィークとして、逗子市役所でもイベントがありました。
もちろんキエーロのPRです。
kie-ro.jpg
逗子市商工会の活動として取り上げられ、運動を始めて一年。
おかげさまで昨年度は270台の予約を頂き、順調に進展してきました。
最近は市長もいろんな機会に我々の活動を取り上げてくれるようになり、相当ごみ環境改善に貢献していると思います。
何よりいろんなイベントで目に触れる機会を増やすことが一番なのです。
 
またこの時は様々な企画がありました。
植木ごみを粉砕してチップ化する自動車もあり、逗子市は植木ごみを燃やさずに資源にすることに取り組んでいます。
チップ.jpg
チップ2.jpg
 
最近知ったのは、逗子市では植木ごみの処理に相当多額の費用がかかっているのでした。
その量は年間に2500トン。
同規模の市としてはかなり多いのだそうです。
その植木の処分にも光明が見えてきました。
『薪』として商品にできると思ったのです。
冬のストーブの薪をこれまでは長野・栃木から買っていたのですが、地産地消できることがわかり、
今年から長距離トラックを使わずに地元の植木ごみから『薪』を調達することにしました。
逗子市のごみの処理費が削減され、かつ『薪』も安く提供できそうです。
まさに一石二鳥になりそうです。
これから役所と造園業者と詰めをして、まとめてみたいと思います。
また結果を報告いたします。

過去の日記

PAGE TO TOP