「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

社長の不定期日記

社長の不定期日記

三浦豪太さんとキエーロ

日経の夕刊にプロスキーヤーと冒険家の三浦豪太さんの記事が載りました。
20130203_01.jpg
↑ 画像をクリックすると拡大します。

 
この中に逗子のタウンミーティングに招かれとあるのは、
11/23にキリガヤの社屋で行われたイベントのことでした。
当日はお父さんの三浦雄一郎さんと登ったエベレストの話しなどされてました。
20130203_02.JPG
20130203_03.JPG
 
三浦さんは主な活動拠点は東京ですが、週末は逗子で過ごされていて、地元でも活躍中です。
その時に生ゴミ処理の「キエーロ」の話しになったという次第です。
キエーロとはこんな道具です。
20130203_04.jpg
 
キエーロとは私も4年くらい使っていますが、自宅の生ゴミは設置以来自分で処理しています。
本当に不思議なように消えるのです。
記事にあるように逗子市の年間のゴミ処理費は10億円で、そのうち4億円が生ゴミに使われています。
もし各家庭で少しでも協力し合えれば、このゴミ処理費は格段に減ることになるでしょう。
その分他の福祉とか様々な施策にも回ることになるはずです。
 
今年は商工会の組織でもキエーロに取り組もうと働きかけをしています。
ゴミの問題は私たちが生活する以上永遠の課題です。
ここに費やされる費用が減ることは地球環境も財政も全てにプラスに作用されるわけで、
これだけ楽しみな課題はありません。
 
開発した松本さんは被災地の陸前高田でも設置の運動をされています。
WEBでキエーロで松本さんの活躍の様子を見てみてください。
興味のある方は私に連絡でも構いません。
皆さんもぜひご協力ください。

過去の日記

PAGE TO TOP