「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

スタッフブログ

スタッフブログ

無垢の家具を愛用・お客様のお宅へ取材に

こんにちは、広報担当の高田です。
今回はオーダーメイドで家具をご注文いただいたK様邸にお邪魔させていただきました。
 
20151117_oga (3)
 
LDKに入ると大きな無垢のダイニングテーブルが存在感たっぷりにお出迎え。
そうです、今回取材させていただくのはこのダイニングテーブルとチェアーです。
 
20151117_taka (16)
 
ニレの無垢板を使用したダイニングテーブルは、温かみのある色味でK様邸にピッタリ。
新築の設計段階から家具の場所や大きさなども考えておられたというK様。
本当にちょうどいいサイズ感で、色味もシットリと決まっています。
 
20151117_taka (6)
 
奥様のこだわりはアクセントに入っているチギリです。
チギリにはいろいろな形があるのですが、キリガヤで使用しているのはリボン型。
可愛いだけでなく無垢板の木目の印象を邪魔しないさりげなさが魅力です。
 
ご家族だけでなく、ママ友のお子様にも「カワイイ、いいね」と言ってもらえるのだとか。
大人だけでなくお子様にも気に入っていただけるのは嬉しいですね。
 
20151117_taka (26)
 
もう一つのこだわりは角を落としたこのヤスリの仕上げです。
小さいお子様もおられるK様。やはりお子様のことを考えて角は柔らかく仕上げたかったそう。
滑らかに仕上げた角はクッション材などをつける必要もなく、
見た目通りの使い方ができるのでお部屋の雰囲気をイメージ通りに保てます。
 
20151117_taka (52)
 
実際の使い心地はどうなのでしょうか?
家具担当の小笠原さんもドキドキしながらご感想をお伺いしました。
 
もともと家具を一生ものだと考えておられたK様は、
家づくりの段階から家具も全体のご予算に含んだ家づくりをされていたそうです。
そのおかげで、サイズ感もしっくりくるベストな家具作りが出来たとのこと。
コップの輪染みが出来ないようにコースターを引くなど小さい気遣いはもちろんありますが、
大きなシミや歪みが出来るということもなく快適にお使いいただけているそうです。
今使っておられる家具以上はないと感じているのでショールームや雑誌を見ても、目移りしないのだとか。
本当にありがたいお言葉ばかりです。
 
ご感想をお伺いしている時に普段使っておられるランチョンマットとコースターを見せていただきました。
 
20151117_taka (30)
20151117_taka (36)
 
見せていただいたランチョンマットやコースターがまた素敵。
お伺いしたところ、なんとこの刺し子のランチョンマットはお母様の手作り!
さらに使わせていただいていたコースターは奥様の手作りでした!
実はK様は毛織り物の仕事をされていらっしゃるプロの作家さんなのです。
 
20151117_taka (37)
20151117_taka (23)
 
LDKには本格的な機織り機と糸紡ぎが!
出来上がった作品は温かみのあるナチュラルな仕上がりで本当に素敵なものばかりです。
手触りも柔らかく、手織りならではの魅力がいっぱい。色もご自身で染められているのだとか。
小笠原さんとキャースゴーイと言っていたら、ご厚意でコースターを買わせてくださることに!
グラスだけでなく小物を置いてもとっても可愛いです。K様本当にありがとうございます!
 
20151117_taka (47)
 

K様の毛織り物の仕事ブログはコチラ
ホームスパンと私の暮らし http://sheephomespun.blog86.fc2.com

 
 
今回取材させていただいたK様邸のダイニングテーブルとチェアーは、
今後施工例にて更に詳しくご紹介させていただく予定です。お楽しみに!

PAGE TO TOP