「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

スタッフブログ

スタッフブログ

雨のち晴れ、悪質屋根業者登場

【カスタマーサービス報告】
こんにちは、カスタマーサービス部の畑木です。
 
CIMG2087-1
 
長い間雨が降ったり止んだりと不純な天気が続いています。
このような時に雨後の筍のように出て来るのが「オレオレサギ」のような悪質業者です。
 
そのやり口とは・・・
 
今回は3人組の若者がはしごを積んだトラックで来たとの事でした。
「近所で屋根工事をしている者だけど屋根の上から見るとお宅の屋根が浮いているようだ、見てあげましょう」
と言ってはしごを掛け、するするっと上ったとの事でした。
 
屋根の上でトントン音がしたかと思っていると、はしごを降りてきて
デジカメで「ほら、こんなに浮いています、下地の木が腐る前にすぐに工事をしましょう」と言ってきました。
 
デジカメを見せられてお客様も流石に心配にはなったそうですが、すぐに冷静さを取り戻し、
「工事をした業者に確認をしてもらいます」と言ってお断りをしたそうです。
その業者は断った後もぐずぐずと言ってきたとのことです。
 
そこでお客様から弊社に連絡がありました。
 
弊社で10年くらい前に施工したお客様で、屋根はガルバリウム鋼板のビス止めで作っており、
早々簡単にはビスが外れてしまう事は無い工法なのです。
お客様もそのことを良くご理解くださっておられたので、
「トントンと音がしたと言う事は上でビスを外していたのでは?」と心配されておられました。
屋根は以前に私がメンテナンスで訪問して確認をした際には全く問題がなく、きれいな物でした。
近日中に確認に上がらせていただく予定です。
 
「近くで工事している者だけど」と言ったら、要注意です!!
住宅街をぐるぐる回ってほんの小さな事象でも発見すると、
素人が分からないような専門用語でまくし立てて脅かして工事をさせようとします。
 
近くで工事をしていると言ったら、「どの辺の工事ですか?」と聞くのも相手はしどろもどろになるでしょう。
屋根は直ぐには見えない場所だけにお気を付けください。

PAGE TO TOP