「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

フォトギャラリー

家具

ちぎりがポイントの美しいテーブルと座り心地のいい椅子

[家具]葉山町K様[お施主様の声]

■施工例の説明

K様からオーダーいただいたのはダイニングテーブルとチェアーです。
新築をお建てになる時から家具のことも念頭に置かれていたというK様、
一生ものにできる無垢材の家具をお求めでした。
 
ナチュラルテイストのLDKのイメージに合うように、ダイニングテーブルはニレ材を使用。
小さなお子様もおられるため、角ばった部分には丸みをつけました。
これがニレの色味と相まって、柔らかい雰囲気を出しています。
お使いいただいて一年になりますが、お子様がぶつけてお怪我をされたということは一度もないそうです。
 
こだわりのポイントは天板に使用したチギリです。
チギリは木の楔のことを言います。材の割れ目を止めたり、二つの材をつなぎ合わせる時などに使用します。
弊社ではリボン型のチギリを使用します。天板のワンポイントになり、可愛らしいとよく言われます。
K様邸のダイニングテーブルには割れなどはありませんが、チギリが可愛らしいアクセントになっています。
 
椅子はご主人様と奥様の2脚をご注文いただきました。
20種類以上もあるショールームの椅子の中から手触りや座り心地をお試しいただき、
ご主人様と奥様がそれぞれご納得されるマイチェアーをお選びいただきました。
形をお決めいただいた後は樹種を選んでいただき、セミオーダーで製作しました。
 
お二人の選ばれたのは宮崎椅子製作所という会社の椅子です。
ご主人様の椅子はデンマークのデザイナー、カイ・クリスチャンセンが50年前にデザインした人気の椅子、”No.42″です。
ハーフアームがそなわり、ゆったりしたサイズで座り心地が良好です。
製作の難しさのためか製造中止となっていましたが、宮崎椅子製作所の高い技術力により製作が可能になりました。
奥様は宮崎椅子製作所の中でも一番人気の椅子、”PePe”をお選びになりました。
座り心地が良く、木の椅子でありながら女性が片手で持てるほど軽いため大変人気です。
お選びいただいたチェリー材は優しい色合いなのでテーブルと良くマッチしています。
 


 
■お施主様の声
【使い心地やご感想】(2015.11.17)

 
ダイニングテーブルとチェアーを納めさせていただいて一年、
使い心地をお伺いしに取材をさせていただきました。
 
20151117_taka (52)20151117_oga (9)

「ニレのダイニングテーブルは汚れを気にせずに使うことが出来て、とても気に入っています」と奥様。
 
アクセントとして採用したチギリも、ママ友やそのお子様からの評判がよく、
「かわいいね、いいね」と言ってもらえることが多いのだそう。
とてもキレイにお使いのK様、お手入れはご主人様がされているそうです。
お子様も気持ちがいいのかよくテーブルに触っているのだとか。
「神経質に使っているわけではないです。もし傷をつけたとしても思い出になりますよね」と
おっしゃられるお姿が印象的でした。
 
マイチェアーは座り心地にご満足いただいているとのことで、
ぴったりフィットする椅子を作ってから、
「家具雑誌などを見ても目移りすることがなくなった」とありがたいお言葉をいただきました。
 
20151117_taka (37)20151117_taka (23)

リビングの奥には奥様がお仕事で使われる織り機と紡毛機がありました。
ナチュラルテイストで統一されたお部屋に、テーブルや椅子と同じように溶け込んでいます。
 
20151117_oga (21)20151117_taka (41)

ちょうど織りあがったストールを見せていただきました。
作品も優しい色合いのとても綺麗なできあがりでした。
コースターなども作られていらっしゃるK様。
かわいらしくやさしい色合いがお部屋の雰囲気にぴったりです。
 
20151117_oga (19)
 
刺し子のランチョンマットはお母様の手作りで普段使いされているそうです。藍色がいい色になっていました。
 
K様の作品はキリガヤショールームでもお取り扱いしております。
素敵な手織りの作品を是非お求めになって下さい。
 
K様の毛織り物の仕事ブログはコチラ
ホームスパンと私の暮らし http://sheephomespun.blog86.fc2.com

PAGE TO TOP