「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

フォトギャラリー

家具

コーヒーブレイクを楽しむダイニングテーブル

[家具]逗子市Y様

■施工例の説明

キリガヤで新築をさせていただいたY様のお宅は、古き良き昭和の喫茶店を思わせる温かみのあるしつらえです。
理想とする雰囲気を実現するためのこだわりを随所に感じることができます。
例えば出窓や板張りの天井など厳選した素材が使われています。
お気に入りの喫茶店でコーヒーを飲むように、ダイニングでひと時を楽しむことがご夫婦の夢でした。
 
ステキな空間に見合う家具を求めて、Y様はショールームにご来店くださいました。
そこで巡り合ったのが工芸家 前田純一氏が製作したテーブルです。
風合いを気に入られたY様はオーダーメイドの家具製作をご検討下さることになりました。
 
前田純一氏は100年以上続く江戸指物の技術を継承する工芸家です。
木とアイアンを組み合わせた、存在感がありながらも温かみのある作品は業界の中でも高く評価されています。
また、自然への深い感謝と尊敬を形にする思想に共感したお弟子さんを数多く育て、
江戸指物の技術だけでなく想いを未来につなげる活動に熱心に取り組まれています。
弊社で懇意にさせていただいている作家さんの一人です。
 
Y様は前田氏が弊社を訪れていた際に話をする機会があり、
ものづくりの想いに触れてますます家具への思いが強まったそうです。
ご夫婦で前田氏の長野の工房にまで足を運ばれました。
ダイニングテーブルの材をお選びになったり、工房を見学されたり、
お時間をかけてゆっくりを相談をかさねて、オーダーをいただきました。
お選びいただいた胡桃(くるみ)材のテーブルは、落ち着いた色で味わいのある仕上がりです。
出来上がりにY様もとても感激しておられました。
 
また、書斎のデスクもオーダーメイドで作らせていただいています。
こちらはキリガヤが設計、施工をさせていただきました。
天板の楡(ニレ)材の自然な形状を活かして、
デスクの横にプリンター用のワゴンがぴったり収まるように設計しました。
デスクの高さもY様の身長や窓の位置との兼ね合いも考えて調整しています。
丁度良くお庭を楽しめると大変お喜びいただくことができました。
 


 
■お施主様の声
【使い心地やご感想】(2016.11.22)
 
20170404_03-001
 
懐かしい喫茶店のあの雰囲気が好きで、我が家にもそういったイメージを盛り込みました。
家具もやはりそのイメージに近いものをと考えていたのですが、
家具屋さんを見てもなかなかこれだというものには巡り合えずにいました。
オーダーで作るのはどうかな、と考え始めた矢先にキリガヤさんで前田先生のテーブルに出会ったんです。
直にお会いする機会にも恵まれ、ものづくりの想いに感銘を覚えました。
 
20170404_03-004
 
実際に出来上がってきたテーブルも手仕事ならではの温かみがあり、大変満足しています。
さりげなく足置きにもなるテーブルの脚もお気に入りです。
 
20170404_03-002
 
このテーブルで出窓を眺めると、丁度庭に植えてもらったそよごの木が見えるんです。
木の成長を感じながら二人でコーヒーブレイクを楽しんでいます。

PAGE TO TOP