「木」を知り、森と暮らしをつないで130年。湘南の注文住宅なら株式会社キリガヤ

フォトギャラリー

リフォーム

自然派リフォームの開放的で心地いい空間

[リフォーム]横須賀市A様邸[お施主様の声]

■施工例の説明

「開放的で心地いい空間づくり」をお考えだったA様。
A様のお考えになる心地よさは、珪藻土の壁や無垢のフローリングをバランスよく取り入れることでした。
広い空間、・広く見える空間づくりのために様々な技術とエッセンスが取り入れられています。
 
壁で仕切られ、閉鎖的だった1階のキッチンは、2階へ移設しました。
スッキリとまとまった開放的なキッチンに生まれ変わっています。
内装も壁にするのではなく筋交いの現わしにしたり、
勾配天井にするなどして、より広さをご体感いただける空間に仕上ています。
A様こだわりの鉄の格子は天井開口部へ。
壁や天井の珪藻土の温かみのある白と相まって存在感が際立ちます。
 
玄関は床の一部を撤去し、土間を拡張しました。
タイルの床からモルタル金ゴテと石埋め込みで遊び心のある空間に改装です。
 
洗面などの水廻りは清潔感のある白のタイルが印象的な造作で仕上げました。
お風呂もタイルと木のコントラストが美しいしつらえです。
 


 
■お施主様の声
【建築前・打合せの時のエピソード】

 
建売の家に違和感を感じて満足できず、思案の末に中古戸建てを購入してリフォームをするという案になりました。
「心地よい」素材は珪藻土の壁と無垢のフローリングで決まり、
陽当たりの良い2階のキッチンとそれにつながるリビングが最初の漠然とした構想でした。
とにかく、部屋数の多い間取りを取り壊して、「広い空間をつくる」もしくは「狭くても広く見える」というのが基本プランです。
 
しかし、限られたスペースで思い通りの「心地よい空間」をデザインすることは思った以上に大変なことでした。
何度も何度もキリガヤさんと打ち合わせをし、プランを練り直しても満足するものはできません。
それでも、キリガヤさんは辛抱強く付き合ってくれました。
ある発想の転換で納得のいく図面ができ、かつ、予算を大幅に下げることができ、
リフォームの曖昧なイメージが実現できるものに変わりました。
 
今にしてみれば、この苦悩(生みの苦しみ)が一番大切なことだったと実感できます。
後は、キリガヤさんと共に創っていく楽しみが待っていました。
 
勾配天井、ロフトまで羽目板でまわすこと、浴室のヒバの天井、階段の金も珪藻土で塗ることなどを提案してもらいました。
またちょっとした思い付きでドア枠の撤去や、
はめ殺しの建具、浴室の縦窓、ロフトやキッチンの作り付けの棚などを作ってもらいました。
 
数多くの打合せで、我々のわがままな要求に対しても、我々と同じ目線で考えてもらい、
共に「心地よい空間」創りにまい進していきました。
スタッフの方々の「納まりが悪い・納まりが良い」という口癖や
1センチ・1ミリにこだわる姿勢は今となっては懐かしく思えます。
 
キリガヤさんの一枚板のカウンターがあるキッチンは、
東と南から太陽の光が入り、風も良く通る自慢の「心地よい空間」になりました。
それにつながるリビングも柱、筋交い、火打ち梁、棟木、梁をあえて見せる大胆な発想で
キッチンの一体感があるくつろげる空間に変貌し、趣味のオーディオを楽しんでいます。
大きい浴槽を入れた浴室は玄関のこぼれ陽が入る爽快な空間に。
モルタルに石を並べた玄関も風が良く通る快適な居住空間になり、よくベンチに佇んでいる自分がいます。
 
約2年間、建売の見学に始まり、ホームメーカーのショールーム、土地・マンションなどの物件探しの連続で、
家づくりを諦めかけた時に、偶然キリガヤさんのショールームを見つけて、思わず入ってしまいました。
のんびりできる雰囲気に、これまでのものと違う何かを感じ、無意識のうちにキリガヤさんに決めていたのかもしれません。
また、施工中にも多くのことを学び、かつ、我々も勉強しました。
 
結局、自分たちの空間づくりは「施主の能動的な意思」「実現するための技術」「綿密な共同体制(信頼関係)」に
集約されると思います。

PAGE TO TOP